成年後見

成年後見制度は認知症や知的障がい、精神障がい等により判断能力が十分でない方がこれまでと同じ生活を送っていくための支援者(後見人等)をつける制度です。また、制度の活用には家庭裁判所の審判(決定)が必要になります。

 

NPOかんなびの丘は、知的障がい者の家族会を母体としていることもあり、これまで多くの知的障がいをお持ちの方の成年後見人を受任してきました。最近は地域包括支援センター等からのご相談も増え、認知症の方の成年後見人も受任しています。

 

NPOかんなびの丘では成年後見制度を権利擁護の1つの手段だと考えています。成年後見制度を活用すればすべての課題が解決することはありません。1度制度を開始すると途中でやめることは原則できません。制度の活用に際しては本人をはじめ家族や周囲の方の十分な理解が必要となります。

まずはご相談ください。

金銭管理

研修

お申込みはチラシ画像をクリック